So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
-  |  次の2件 »

節分の由来 保育園で説明するときのポイントはここ

2月3日は節分です。

保育園でも豆まきや鬼のお面をつくったりして楽しむでしょう。

実際に豆まきをする前に節分の由来を説明して、

「それじゃ、皆で豆をまきましょう」

となると思いますが

由来の説明って結構難しいですよね。

今回は節分の由来をポイントをいくつかに絞ってイメージしやすくする方法を紹介します。

・基礎になる大人向けの基礎知識
・園児に説明するポイントになるお話
・説明した知識に関するクイズ

この手順でいくと大人も子供もすんなり理解できますよ。

では順番に触れていきましょう。

節分の由来の基礎知識



まずは園児達に説明するためには自分も少し勉強しておかないといけません。

基本になる部分を簡単に抑えておきましょう。

・2月3日が節分の理由

日本には二十四節気という季節の節目があって、旧暦に基づいています。

春夏秋冬の節目をそれぞれ「立春」「立夏」「立秋」「立冬」と言って各季節の始まりとされています。

この中で節分に関係するのが立春です。

立春は例年2月4日ごろとされていて、節分の2月3日はこの前日に当たります。

実は立春は旧暦では年の初めの日、今で例えると1月1日に当たります

今でも年賀状に「迎春」とか書きますけど、これもこの名残なのでしょう。

その前の日、ということは大晦日、一年最後の日になるわけです。

節分は新しい年を迎えるにあたってすべて悪いものを一掃しておく日だったのです。

節分という言葉は季節を分けるという意味があるのですが、

特に春の始まりを大切にしたことから立春の一日前だけを節分と呼ぶようになったそうです。

説明するときに抑えておくのは

昔は一年の始まりは2月4日だった
前の日の2月3日に災厄や悪いものを無くしておく

という2点です。

・何で豆をまくのか

先程の説明でほぼわかると思いますが、一年の最後の日に災厄や邪気を追い払っておくために豆をまきます。

また、「鬼は外」「福は内」という掛け声からも分かる通り、福を呼び込むためにも豆まきを行います。

豆を鬼にぶつけて退治するのは中国から伝わった習慣のようですが、日本にも鬼に豆をぶつけて退治したというお話も残っているようです。

また、豆(大豆)は栄養豊富なので悪いものを追い払う力がたくさんあると信じられていたそうですよ。

いずれにしろ、新しい年の初めを迎えるのに悪いことを全て払って、一年を無事に過ごせるようにするという願いが込められているのです。

・豆をそのまま撒かないのはなぜか

そして豆まきの豆ですが、必ず炒ったものを使用します。

普通に売られている節分用の豆はすべて炒られているので升に入れれば使えます。

地域によっては落花生を撒くところもあるようです。

なぜ、生のままの豆を使ってはいけないかというと、

撒いた後に芽が出て育ってしまう可能性があるため

です。

家の中の病気や災い、など悪いものを追い出すために巻いた豆が芽を出したら

悪いものがまた育ってしまうからという意味です。

悪いものを追い出したらもう、そこでおしまいにするために火を通して目が出ないようにした豆を使うのです。

・鬼って本当にいるの

園児たちにとってはこれが一番気になるかもしれませんけど、

鬼って説明するのがとても難しいと思います。

先程の説明でもありましたが、豆を撒くのは家の中の悪いものすべてを追い払うためなので、

病気やケガ、事故など身の回りに起こる災いのすべてを「鬼」として追い出しているのです。

もともと鬼は姿は決まっていないので、赤鬼や青鬼などおなじみの姿を思い浮かべてもらって豆まきをしたほうがより楽しくできると思います。

・豆を年の数だけ食べるのはなぜ

豆まきをした後は自分の年の数+1つ豆を食べます。

先程も触れましたが、大豆は栄養豊富で食べると体が丈夫になって悪い病気にも負けないということからきています。

一つ余計に食べるのは、次の年も健康で元気に過ごせるようにという、願いを込めるからです。


園児に説明するときにこのくらいの知識をもっていると、不意に質問されても、すぐに答えられますよ。

ではポイントごとに保育園向けの説明を考えてみましょう。

保育園での節分の説明を考える



では、上の知識をもとに園児達にもわかりやすく由来を説明してみましょう。

◆節分の由来の説明

会話形式のシュミレーションにしてみます。

実際に合ったやり取りをすこしだけアレンジしています。


先生:はーい、みんなー今日は何の日でしょうか?

園児たち:せつぶーん

先生:そうだね、節分だね。どんなことする日かな?

園児たち:おにたいじ まめをたべるひ パパにねまめをぶつけるの(などいろいろ答えが返ってくる)

先生:そうだねー。人に豆ぶつけるのはよくないけど、豆まきをする日だね。みんななんで今日豆まきするか知ってる?

園児たち:おにがでてくるひだから、まめまくの。ふくのかみにきてもらうの。(実際にあった答えです)

先生:おにさんがたくさんでてくるのねー。今からね、先生が節分についてお話するからね。後でクイズを出すからちゃんと聞いててね。

みんな知ってる?一年の初めは何月何日?

園児たち:おしょうがつ。がんたん。いちがつ。

先生:そう、1月1日だよね。でもね、昔は一年の初めは2月4日だったんだよ。2月4日はあしただよ。(立春は2月4日ごろで必ずこの日になるとは限りません)そうすると、むかしは今日が一年の最後の日だったんだよ。

園児たち:まえはきょう、こうはくやってたの?(実際の答えです)

先生:紅白が始まるよりももっともっとむかしだよ。

それでね、一年の最後の日にいろいろと悪いものを追い出して、新年を迎えたんだよ。悪いものを追い出すのに豆をまいて追い出したのが節分の豆まきだよ。

園児たち:おにじゃないの? ママがおとうさんっていってたよ

先生:みんなの家にいるいろんな悪いものが鬼になるんだよ。

病気とか事故とか怪我とかいろいろいやなことがあるでしょ。

それを全部追い出して福の神に来てもらうのよ。

そうして、新しい年を元気で楽しく迎えるために今日豆まきをして鬼を追い払うんだよ。

園児たち:じゃぁ、はやくやろうよ。

先生:まだ、もうちょっとお話するから聞いててね。

みんな豆まきした後に豆を食べるでしょ?なんでだか知ってる?

園児たち:体が丈夫になるから。おいしいから。

先生:すごい、○○くん正解。豆にはね、悪いものを追い払う力と栄養がたくさん入っているからたべるのよ。

それとね、豆の数は自分の年よりも一つ多く食べるの。これは次の年も健康でいられますように、っていう意味なのよ。

それじゃ、いまから豆まきをしましょう。


実際にはこんな感じで話をしました。

炒った豆を使用する理由については話がそちらの方向に向いたり、話題になったらお話してあげてください。

お話の後は3択のクイズ形式でお話したことを思い出して覚えてもらいましょう。

節分の由来を定着するクイズ



では話した節分の由来を簡単なクイズにして楽しみましょう。

〇×問題か3択にするとよいと思います。

◆問題

①節分はなぜ2月3日なの?

1、昔は2月3日が一年の最後の日だったから
2、豆を集めるのによい日だったから
3、寒くてみんな家にいるから

答え:1

②節分に豆をまくのはなぜ?

1、家の中の悪いものを追い出すため
2、債務いと運動不足になりがちだから
3、豆は鬼のご飯だから

答え:1

③豆まきの後に豆を食べるのはどうして?

1、新しく迎える年に健康で元気に過ごせるように
2、この時期の豆はおいしいから
3、豆がたくさんあって余ってしまったから

答え:1

④豆を自分の年より一つ多く食べるのはなぜ?

1、豆まきの後でお腹が減ったから
2、次の年も健康に過ごせますようにという願い
3、追い出した鬼も分も食べるため

答え:2


こんな感じで節分の由来について覚えてもらえれば嬉しいですね。

保育園で節分の由来を説明するのは難しいかもしれませんけど、

まず自分が節分の由来を理解して

なぜ2月3日なのか、なぜ豆をまくのか、なぜ豆を食べるのか、

に的を絞ってお話してあげるときっと楽しく理解してくれると思いますよ。

合せて読みたい記事
鬼のお面の製作 年少さんからの作り方
鬼のパンツの作り方 ポリ袋を作った簡単な方法
保育園の節分製作 鬼になるアイテム
鬼のお面の製作 紙皿を使った方法
節分の工作 風船を使った鬼の作り方
鬼がメインの節分壁面飾り アイデア集

スポンサードリンク

nice!(3)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:育児

鬼のお面の製作 年少さんからの作り方

節分が近づくと保育園や幼稚園では鬼のお面を作りますね。

今回は年少さんから出来る製作方法を紹介します。

以前にこのブログ

鬼のお面の製作 紙皿を使った方法

で紙皿を使った方法を紹介したことがありますが、今回はそれよりも園児一人一人の個性が出る作り方です。

簡単な方法として、紙袋に目の穴をあけて彩色したものをかぶるというものが紹介されていますが、

年齢の低い子供達がかぶることを考えると、安全面からあまり採りあげませんでした。

作り方は3つ紹介しますが、最後は少し時間がかかります。

作る時間や楽しみ方に合わせて作り方の参考にしてください。

紙皿を使った製作方法



紙皿は身近で簡単に利用できる素材です。

前回の記事と合わせてみてください。

◆材料

紙皿
ノリ
折り紙
画用紙
クレヨン
毛糸
両面テープ

◆作り方

①紙皿に折紙を貼る

鬼のお面 製作 年少3.jpg

はじめに紙皿を裏側にして、折り紙を小さく切ったりちぎったりして貼っていきます。

小さく切った折り紙を周りから中心に向かって貼り進んでいきます。

中心に行くにつれて切る折り紙も大きくしていくと隙間なく貼れます。

この後ノリを十分に乾かします。

②目、口、眉、牙、角を作る

鬼のお面 製作 年少2.jpg

画用紙にクレヨンを使って、目、口、眉、牙、角を描きます。

黒で縁取りを描いて、色を塗ります。

描きあがったら、ハサミで切り抜きます。

各パーツは折り紙からハサミで切り出すよりも、手描きの方が大小のバラツキや形、色遣いなども自由にできるので

園児たちの個性が良く出ます

完成すると誰が作ったものか一目でわかるので飾った時にも楽しいですよ。

③輪郭にパーツを貼る

鬼のお面 製作 年少1.jpg

折り紙を貼った紙皿に目、口、眉、角、牙を貼ります。

多少ズレても気にせず、自由に作業してもらいましょう。

④髪の毛を貼る

眉から上の部分に両面テープを貼って毛糸を貼り付けます。

毛糸を長めに切って周りから中心に向かって貼っていくとうまくできます。

毛糸は好きな色を選んで貼ればよいでしょう。

足りなくなったら、またつけ足せば大丈夫です。

数色使ってカラフルにしても面白いですね。


最後に目の部分に穴をあけて両端にゴムをつけたら出来上がりです。

頭の部分にかぶる感じにするのなら目の穴は不用です。

鬼の髪の毛の部分のお面



鬼の頭の部分だけのお面です。

ゲームやお遊戯の時には便利です。

◆材料

画用紙、色画用紙
毛糸
クレヨン

◆作り方

作り方は二つの方法があります。

1つは主にクレヨンで描いたり塗ったりして作るやり方、もう一つは色画用紙と毛糸を使ってつくるやり方です。

鬼のお面 製作 年少5.jpg

・塗って作る

髪の毛の模様だけをクレヨンで描くのなら、

色画用紙を頭の幅を測って切り出し、髪の毛のシルエットの形に切ります。

そこにクレヨンで髪の毛らしく模様を描きます。

出来上がったら、画用紙に角を描いて切り抜き、貼り付けます。

最後に細い画用紙を頭の周囲の長さに合わせて切り抜き、貼り付けて完成です。

鬼のお面 製作 年少4.jpg

・毛糸を貼って作る

クレヨンで模様を描かないで毛糸を貼り付けます。

色画用紙を髪の毛の形に切り抜いて、両面テープをところどころ貼りながら毛糸を貼っていきます。

違う色を数色使うとよいでしょう。

この作り方の場合は角を先に貼り付けておいた方が良いです。


頭の部分だけで顔を覆わないので、ゲームをする時などに被っても安全です。

時間をかけて作る本格的なお面



年少さん位の年齢でも時間をかけて作業を楽しめば本格的なお面も作ることができます。

長時間作業すると疲れて飽きてしまうので、2日に分けて作業するとよいでしょう。

◆材料

風船
和紙、半紙などの薄い紙
新聞紙
毛糸
ノリ

折り紙など

◆作り方

1日目の作業

①風船に紙を付ける

鬼のお面 製作 年少10.jpg

風船を膨らませて、回りに水に浸して柔らかくした紙をちぎって貼り付けていきます。

水が乾かないうちに満遍なく貼り付けます。

この際にはノリは使いません。

②新聞紙を貼る

鬼のお面 製作 年少9.jpg

新聞紙に水で薄めたノリを刷毛で塗りながらちぎって貼っていきます。

一回、満遍なく貼れたら、しばらく時間をおいてもう一回満遍なく貼ります。

二回繰り返すと乾いた後、しっかりと固くなります。

③色紙を貼る

鬼のお面 製作 年少8.jpg

新聞紙が完全に乾いたら、上から赤か青の色紙を貼ります。

貼り方は新聞紙の時と同様に、薄めたノリを刷毛で塗った上から貼っていきます。

満遍なく貼り終わったら、一日目の作業は終了です。


2日目の作業

①二つに割る

この作業は保育士の先生方がやってあげます。

まず、風船を割って取り出します。

カチカチにしっかりとした形になっているはずです。

カッターナイフやデザインナイフで縦に半分に切ります。

1つの風船から二つ分のお面ができます。

②目の穴をあける

鬼のお面 製作 年少7.jpg

両方に目の位置に穴を開けます。

刃物でくり抜く作業なので先生方も気を付けてください。

③顔を貼り付ける

ここからが園児たちの2日目の作業です。

先程のお面と同じように画用紙に目、鼻、口、牙、眉、耳、角、髪の毛などを描いて切り抜きます。

目のパーツは黒目の部分をくりぬいてお面本体の穴に合わせて貼ります。

後はノリでしっかりと貼り付けて完成です。

鬼のお面 製作 年少6.jpg

髪の毛は色画用紙や折り紙で貼っても、毛糸を貼り付けてもよいでしょう。

両端に小さな穴をあけてゴムをつけたら完成です。

風船を型にするので面長になってしまいますが、2日間かければしっかりとした丈夫なお面が出来上がります。


鬼のお面は実際にかぶって遊んでも、壁などにかけて飾っても面白い工作です。

年少さんくらいの年齢なら少し時間をかけて一緒に作れると思います。

参考にしてみてください。

合せて読みたい記事
2月の壁面飾り 高齢者施設で作る桃太郎と鬼
鬼のパンツの作り方 ポリ袋を作った簡単な方法
保育園の節分製作 鬼になるアイテム
鬼のお面の製作 紙皿を使った方法
節分の工作 風船を使った鬼の作り方
鬼がメインの節分壁面飾り アイデア集

スポンサードリンク

nice!(3)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:育児
-  |  次の2件 »
Copyright © メインデスクのよろずお役立ちれぽーと All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
クレジットカードを作成する際の本人確認