So-net無料ブログ作成

祖母や家族の喪中に神社に初詣に行ってもよいのか?

スポンサードリンク
祖母や祖父、家族の喪中の期間に神社に初詣に行ってもよいのか?

年末になると増える質問ですが、答えは

行ってもかまわないのです。

でも気を付けることが一点だけあります。

今回は喪中と初詣についてまとめてみました。

喪中と忌中


まず、喪中と忌中をしっかりと区別しておきましょう。

◆喪中

喪中とは喪に服する期間で故人を偲び、静かに過ごす期間とされています。

喪中になる親族の範囲は

父、母、兄弟、姉妹、子、義理の父、義理の母、

祖父、祖母も喪中となることが多いですが地域によって喪中にしない場合もあります。

この喪中期間には神社にお参りしても大丈夫です。

◆忌中

忌中とは故人を偲び、御霊を鎮める期間とされていて、
神事、結婚式、お祝い事への出席は控えなければならないとされています。

忌中の期間は死による穢れがあるため、神社にお参りすることはできません。

忌中の人が神社の神域の中に「穢れ」を持ち込むと、神様や他の参詣者に穢れを移すと考えられているからです。

忌中の期間は

父母が亡くなったとき:50日間
配偶者が亡くなったとき:50日間
祖父母が亡くなったとき30日間
兄弟姉妹が亡くなったとき:20日間
子供が亡くなったとき:20日間
叔父叔母が亡くなったとき:20日間
孫が亡くなったとき:10日間
いとこが亡くなったとき:3日間

です。

この期間が過ぎれば初詣で神社をお参りしてもよいとされています。

これは神道による忌中期間ですが、

仏教では49日
浄土真宗では忌中はありません。

喪中と忌中を区別し、忌中期間が過ぎれば初詣は出来ます

お歳暮も忌中期間は要注意


お歳暮やお中元はお祝いにはあたらず、日頃の感謝の気持ちを表すものなので喪中期間に贈っても問題ありません。

それほど神経質になる事はありません。

ただ、一点だけ贈る側ももらう側も49日を過ぎてからの方が良いでしょう。

理由は49日までは香典の意味合いが強くなってしまうからです。

まとめ


喪中期間に神社に初詣に行ってもよい。

忌中期間は神社に立ち入ってはいけない。

この事を知っていれば初詣で悩むことはありませんね。

それとお中元、お歳暮を贈る時も先方に確認すれば失礼になることはありません。

合わせて読みたい記事
喪中期間の結婚式 祖母が亡くなったとき、式に参加する時
喪中はがきの文例 義父が亡くなったときはどう書くか?
寒中見舞いの文面集 友人 知人へのご挨拶
喪中はがき 切手はコンビニで手に入るか?
12月 1月 2月の時候の挨拶 ビジネスやお礼状に


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © メインデスクのよろずお役立ちれぽーと All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
クレジットカードを作成する際の本人確認