So-net無料ブログ作成
検索選択

保育園の運動会 親子競技5歳児向けと単独競技

スポンサードリンク
保育園の運動会は1歳くらいの園児から5歳までの園児が入り混じってバラエティー豊かです。

親子競技、単独競技織り交ぜてプログラムが組まれていますが、年齢によって運動能力にかなり差があるので運営する先生方は大変です。

今回は保育園でも最年長の5歳児に向いた競技をピックアップしてみました。

5歳児の運動能力について


先ず、5歳と言う年齢は幼児期の完成期にあたります。

どんな競技なら大丈夫なのか検討する基準になりますから、しっかり把握しておきたいものです。

◆5歳児の運動能力の特徴

・筋肉が強くなってくる
・体のバランスを取るための脳神経が成熟します

この結果遊びでも運動でも今までよりも多くの事が出来るようになっている筈です。

例えば

・片足で立ってバランスを取る
・音楽に合わせて体の動きを調正出来る
・ボールを遠くまで投げる
・鉄棒で回る

などの能力が格段に向上しています。

ですから単独で競う競技ばかりを選んでしまいがちですが、運動会は親子の交友の場でもありますし、バランス良くプログラムしたいですね。

では親子競技と単独競技をそれぞれ見て行きましょう。

5歳児向け親子競技


実は親子競技にはそれほど年齢は関係ありません。

1歳とか2歳なら気遣う必要がありますが、3歳児以上であれば親のサポートがあるので神経質にならなくても良いでしょう。

5歳児になればある程度身体能力がありますからバランスをとったり、力を出したり、本格的に競争したりするものが良いでしょう。

①親子リレー

定番中の定番で、プログラムの一番最後に来ることが多い種目です。

バトンの受け渡しもこの年齢になればスムースに行えるでしょう。

レクリエーション的なものではなく、本気で勝ちに行く親もいるくらいです。

先生たちのチームも混じると盛り上がります。

②親子騎馬戦

危ないという理由で実施されないことも多いのですが、親が馬になることで子供だけでやるよりも安全性は増します。

子供が上に乗って相手の帽子をとり合います。

帽子を取ったら(取られたら)馬はすぐに相手から離れるようにします。

子供の体重は軽いので騎馬が崩れて怪我をすることも無いでしょう。

保育園時代だから出来る種目と言えるかもしれません。

そのほかの親子競技は保育園の運動会の種目 厳選ユニークなものは?を参考にしてみてください。

5歳児向け単独競技


①園児だけのリレー

練習すればルールもバトンの受け渡しもスムースにできる年齢です。

園児の逞しさを感じる種目でもあります。


②組み体操

これも日頃の練習で保護者の方に見ごたえのある演技を披露できるものですね。

競うのではなく、他の園児たちとのチームワークを発揮する種目です。

③遊戯

これも息の合った演技を見せる種目です。

例えば、フォークダンス、じょんがら節など、保育園独自の演目もありますから園の特色が出る種目でもあります。

4歳児、5歳児くらいになると周りと息の合った動きが出来るようになるので。

④綱引き

筋力が強くなり、握力もついてきますから園児同士の綱引きも盛り上がる種目です。

⑤跳び箱

今までの種目は園児たちだけであってもチームで行うものですが、これは個人種目。

でも競うのでなくて、練習の成果を見せる場になります。


保育園の運動会はバラエティーに富んだ種目が特徴です。
もしかしたら、親子、先生、園児が一緒に楽しめる数少ない機会かもしれません。

小学校、中学校と進むにつれて運動会で子供と交流する機会は減っていきます。

単独競技で子供の成長を感じて親子競技で絆を深めましょう。

合わせて読みたい記事
保育園の運動会で親子競技 2歳児位までに最適種目
保育園の運動会の種目 厳選ユニークなものは?
保育園の運動会で使えるスローガン 例文と作り方
保育園の運動会プログラムを自分でデザイン ワードだけで作る方法
運動会のポスター 幼稚園と保護者で作る場合の使い分け
セレブに着こなす運動会のファッション 失敗しないために。
小学校 運動会 おすすめ種目 低学年の場合

スポンサーリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © メインデスクのよろずお役立ちれぽーと All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
クレジットカードを作成する際の本人確認