So-net無料ブログ作成
検索選択
-  |  次の2件 »

壁面飾り 6月に傘とてるてる坊主を作って楽しむ

保育園や幼稚園の6月は梅雨の時期に合わせて傘やカエル、カタツムリなどの壁面飾りを飾ります。

先生たちが作るものは色々風して動物たちが雨を喜んでいる様子などいろいろなデザインが考えられます。

一方、園児たちも作って楽しめるのが傘とてるてる坊主の壁面飾りです。

今回は保育士の先生向きのものと園児向きのものを紹介します。

作り方次第でどんなものもの園児に手伝ってもらうこともできるのですが、

みんなが同じ作業をするにはある程度作るものが統一されている必要があります。

そういった作業に向いているものと向いていないものがあるので

やりやすいものを選ぶようにするとたのしく作ってくれると思います。

傘をさした動物の壁面飾り



これは先生が作って飾るのに向いています。

壁面 傘2.jpg

もし、園児たちに手伝ってもらうのなら、動物はウサギだけとか、カエルだけにします。

同じ動物を作ってもらって貼り比べた方が個性が出て面白いでしょう。

◆材料

各色の色画用紙
折紙
ノリ
必要に応じてイラストなど

◆作り方

絵に自信があれば、色画用紙から切り張りして動物を作ります。

イラストから型紙を起してそれを頼りに作る方法もあります。

このブログの記事

壁面飾り 6月にカエルのデザインを型紙で作る

で詳しく取り扱っていますので参考にしてみてください。

イラスとのダウンロードサイトも紹介しています。

まず、背景の色を決めて色画用紙を切ります。

雨粒などが引き立つように暗めの背景がおすすめです。

次にアジサイを下の方に貼ります。

折紙でも色画用紙でも構いません。

各動物を色画用紙で作って、完成させておきます。

カタツムリ用は作りません。

水たまりを水色の色画用紙で切り抜いて作っておきます。

背景に水たまりを貼ります。

動物を貼ります。

それぞれ傘を持つので傘が他の動物にかぶらないように位置を気を付けます。

動物用に傘を作ります。

動物を貼り終わった状態で傘の大きさを決めると失敗がありません。

同系統の色、2色で作るとカラフルです。

傘を貼ったら雨を折り紙で切り抜いて貼りつけます。

乾いたら完成です。


近所のお医者さんや小児科医でも看護師の方が作って待合室に貼ってあるのも見かけることがあります。

もし、園児たちも一緒に作るのならカエルの例

壁面飾り 6月にカエルのデザインを型紙で作る

を参考にしてください。

次は一緒に作れるものを紹介します。

傘をさす園児たちの壁面飾り



画像では子供が少ないですが、園児たちが自分を作って傘と一緒に背景に貼る壁面飾りです。

壁面 傘1.jpg

◆用意するもの

色画用紙各色
折紙
クレヨン
など

◆作り方

保育士の先生がやる準備

全てを園児がやるのは難しいので、年少さん、年長さんなど年齢に合わせて準備をします。

背景を作る

背景の色を決めて、色画用紙で作ります。

園児全員分を貼るのに十分な大きさを確保します。

下の方にアジサイのワンポイントを作る

色画用紙や折紙で作ります。

傘を切り抜いて用意します。

男の子用、女の子用と色分けして作ります。

顔の輪郭を作る

肌色の色画用紙を同じ形に切り抜きます。

園児の人数分作ります。

体を作る

レインコートを着た姿なので、簡単です。

年少さんにはハサミの使い方が難しいときは体も作ってあげましょう。

長靴をはいた足を作る

ここまでは保育士の先生方が準備しておきましょう。


園児たちのやる作業

顔にクレヨンで目、鼻、口を描きこみます。

体に顔を貼り付けます。

体に足を貼り付けます。

体に自分の名前を書いて、背景に貼り付けます。

傘を自分を貼ります。


最後に先生が雨粒を貼って完成です。

年齢がひくくて、クレヨンも扱うのが難しい時には、園児をひとりひとり撮影して画像を顔に貼る方法もあります。

共同作業で作るので完成したときは先生たちもうれしいでしょう。

思った通りの仕上がりにならないのがまた良いところです。

てるてる坊主とかさの壁面飾り



これも園児たちが作るものですが、てるてる坊主を作るので年長さん向きですね。

壁面 傘3.jpg

画像ではてるてる坊主はイラストを使用していますが、本番では立体的に作ります。

◆材料

障子紙
ティッシュペーパー
輪ゴム
絵の具
サインペンまたは筆ペン

◆作り方

保育士の先生がやっておくこと

背景なるボードを用意します。

園児の人数分のてるてる坊主を貼るのである程度の丈夫さが必要です。

色画用紙や模造紙をボードに貼ります。

ノリやボンドがついていない部分がないように塗って貼ります。

傘を色画用紙から切り抜いて背景に貼ります。

あじさいを下に貼っておきます。

アクセントになるように小さく貼ります。

てるてる坊主の材料の準備をする。

障子紙を適当な大きさの正方形に切ります。

頭の中に入れるティッシュを丸めて用意します。

雨だれを準備します。

背景に貼る雨だれと、園児の名前を入れる大きめの雨だれを切り抜いておきます。


園児たちがやる作業

てるてる坊主を作る

正方形の障子紙の中心に丸めたティッシュを入れて包み、輪ゴムで留めて形を作ります。

うまくいかなかったら先生がある程度手伝ってあげてください。

絵の具を用意しててるてる坊主のすその部分に好きな色を塗る

薄めた絵の具を筆で置いていく感じにしみ込ませます。

障子紙は絵の具を適度に吸い込むので数色使うとぼかし染めみたいになります。

絵の具が乾いたらサインペンや筆ペンで顔を描きます。

乾かしている間に雨だれに自分の名前を書きます。

最後にボードに貼り付けて出来上がりです。

ボードにはボンドを使って貼った方が後で落ちたりしません。

ここは先生がやってあげましょう。

名前を書いた雨だれはボードでも、直接てるてる坊主に貼ってもいいでしょう。


6月は梅雨入りの季節でうっとうしい時期ですが、園児たちと一緒に壁面飾りを作って楽しんでみましょう。

季節ごとに保育園の壁の様子が変わるのも楽しみですね。

合わせて読みたい記事
壁面飾り 6月にあじさいを作ってみる
壁面飾り 6月にカエルのデザインを型紙で作る
「てまりてまり」という名前のあじさい 育て方と注意点
「きらきら星」というあじさいの育て方と母の日プレゼント

スポンサードリンク

保育園でこどもの日にするゲーム 作ったもので楽しむ方法

保育園や幼稚園ではこどもの日には普段と違った特別なゲームをするところも非常に多くあります。

クイズをしたり体を使ったりいろいろ園児と楽しみたいですね。

今回は楽しむと同時に自分たちで作ったものを使って楽しめるゲームを紹介します。

どれも準備次第で作る時間もかなり短縮できますから一緒に楽しむ時間もたっぷりとありますよ。

注意するのはゲームをやる道具作りにあまり時間のかかるものを選ばないことです。

作ることを楽しむのなら前日に工作の時間を設けて作っておくもの一つの方法です。

保育士の先生方の準備も大変になりますが子供たちに喜んでもらうには必要なことです。

こいのぼり旗揚げゲーム



赤上げて、白上げて、のあのゲームです。

違うところは旗の代わりに小さなこいのぼりを作って行います。

◆こいのぼりの旗の作り方

画用紙などにこいのぼりの絵を左右対称に描きます。

こどもの日ゲーム1.jpg

割りばしを中心に挟み込んで全体を糊付けします。

乾いたら完成

こどもの日ゲーム2.jpg

左右対称にこいのぼりの絵をかくのは難しいですから、

こいのぼりの絵を描いて二つ折りにしてハサミで切ると簡単に出来ます。

白い画用紙ではなく、赤、青などの色画用紙に描いて作ると色を塗る時間を大幅に短縮できます。

定番の黒、赤、青の3色だけではなく、ほかのいろも合わせて6色くらい作っておくとゲームの時に楽しめます。

絵はあまり凝らずにシンプルに仕上げます。

先生たちが全部準備してもよいですが、こいのぼりを切り抜いておいて、細部の色つけと組み立てを園児にやってもらうと一緒に楽しんで作れます。

◆遊びかた

オーソドックスなやり方と少しドキドキの方法があります。

・普通の遊び方

園児たちが一人一人、赤と青の鯉をもって、掛け声の通りに旗を動かします。

「赤上げて、赤下げないで青上げない」

という定番の遊び方ですね。

・少しドキドキの遊び方

例えば6色のこいのぼりを園児たち3人に分けて持ってもらいます。

赤、青、黄色、緑、黒、ピンクなんかが言いやすくてリズムも取りやすいでしょう。

これも掛け声に合わせて旗を上げ下げするのですが、自分の持っている色がいつ言われるかわからないのでちょっと難しいですね。

先生も全ての色を均等に言ってあげるようにしましょう。


旗揚げゲームは手軽で盛り上がりますよ。

こいのぼり浮遊ゲーム



軽い素材で作ったこいのぼりに空気を入れて、下からうちわであおいで宙に浮かせ続けるゲームです。

園児2人くらいのチーム戦にしても面白いですね。

◆こいのぼりの作り方

まず、100均などで傘袋を買ってきます。

表面がつるつるのものよりは半透明のものが模様を描きやすいです。

油性マジックは各色用意します。

色の付いたセロファンを貼ってウロコなどを作ってもよいですが、重くならないように注意します。

傘袋を1枚づつ切り離して、口の閉じている方を頭にします。

実際の傘袋はもっと細いです。

こどもの日ゲーム3.jpg

マジックで目玉を描きます。

ウロコなどを描きいれます。

空気を入れて尻尾側を縛ります。

袋そのものを縛るのがおすすめです。ねじった後でゴムなどで留めるとそこだけ重くなる可能性があります。

こいのぼりはこれで完成です。

◆遊び方

うちわを園児一人一人に渡して、2人づつくらいのチームに分けます。

こいのぼりを浮かせて、うちわで下からあおいで空中に泳がせ続けます。

長く、宙に浮かせていたチームが勝ちです。


当日、チームごとに傘袋を渡して、自分たちの鯉の模様を描いてもらったら、先生が空気を入れてあげましょう。

このゲームを行うときには部屋をきちんと片付けて怪我をしないようにします。

あおぐのに夢中になると園児たちは周りが見えなくなってしまうのでよく見てあげるようにしてください。

カラービンゴゲーム



保育園や幼稚園の園児では普通の数字のビンゴは難しいです。

数字の代わりに色をマスに塗って行うのがこのカラービンゴです。

◆準備

4×4のマスを画用紙に書いたもの人数分用意しておきます。

決まった色のクレヨン、または色鉛筆を用意します。

4×4なら16色必要になります。

抽選箱も空き箱で作っておきましょう。

◆遊び方

まず、園児たちが配られたクレヨンや色鉛筆でマスに色を塗ってもらいます。

好きな場所に好きな色を塗ります。

出来あがったら、抽選箱に入れておいた同色のクレヨンを順番に先生が引いていきます。

園児は先生が引いたクレヨンの色に丸印、または△などの印をつけていきます。


単純ですけど、縦一列、横一列、斜め一列が揃うときのドキドキは大きいですね。

もし、ビンゴの景品を用意するのなら平等に全員に配れる量を用意します。

楽しむのが目的ですから、競争にならないようにしましょう。

柏餅運びゲーム



チーム対抗のリレー形式のゲームです。

◆準備するもの

・そり

ミカン箱などをチーム分用意して色画用紙などを貼った上にこいのぼりのイラストを貼ります。

引っ張るひもを眺めに浸けてそりの完成です。

・柏餅

新聞紙を丸めたり、発泡スチロールが手に入ればそれを利用して直系40センチくらいの柏餅を作ります。

これもチーム分作ります。

・ポール

回って帰ってくる時の目安に置きます。


このゲームは使うものがチーム共通なので、先生がしっかり準備しておきます。

◆遊び方

チームに分かれて、柏餅をバトン替わりにリレーします。

そりに柏餅を入れてスタート。

ポールを回って帰ってきたらつぎの園児が交代してそりを引いていきます。

そりの代わりに段ボールに柏餅を載せたものを引っ張ても面白いです。

これだと柏餅が落ちやすくなるので難しさが増します。

年少さんや保育士の先生たちがチームに入る場合にはこの方がおすすめですね。


こどもの日にはそれにちなんだゲームで園児たちと楽しんでください。

家でもお祝いをしたりするでしょうけれども、保育園や幼稚園でも園児たちに楽しんでもらいましょう。

合わせて読みたい記事
保育園 こどもの日の出し物でお勧めのもの5選
保育園で子供の日に出すクイズ 園児が飽きない作り方
5月の壁面飾り 保育園で作る3パターン
こいのぼりの壁面飾り 型紙の使用法と園児の年齢
鯉のぼりの手作りモビール 裏技で簡単に作る!

スポンサードリンク

-  |  次の2件 »
Copyright © メインデスクのよろずお役立ちれぽーと All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
クレジットカードを作成する際の本人確認