So-net無料ブログ作成
検索選択
-  |  次の2件 »

クリスマスに高齢者に向いた歌とその効果は?

高齢者施設などでクリスマスイベントを行うときにちょっと悩むのが歌です。

利用者の方々が歌ったり職員の方が披露したりする他、

BGMとして使ったり、イントロクイズとして使ったり、いろいろと使います。

歌は工作などと共に高齢者施設ではなくてはならないものとして認知され始めています。

今回は高齢者施設でクリスマスイベントをするときの歌の選曲とその効果についてお話します。

音楽の効果



高齢者施設ではリハビリも含めて認知症の予防や充実した日々を送れるように様々な例クリエーションを行っています。

特に多いのは

大きな声での合唱

楽器の演奏

などです。


利用者の方の中には仕事一筋で特に趣味もなかった方が、定年で仕事をやめたりして日々の充実感を失ってしまったり、商売をしていた方が閉店、廃業したりした方も居ることでしょう。

また体と精神に疾患を抱えている方のリハビリとしても季節ごとや日々のレクリエーションは行われます。

こうした高齢者の方々への音楽の効果が注目されています。

◆音楽や歌の効果

聴くことによる効果

心が弾んだり、安らいだ気持ちになり、脳と体を活性化します。

心を落ち着かせるには若いころに聞いた音楽を聴くのが効果的です。

懐かしい記憶も同時によみがえって楽しい記憶も呼び起こされます。

施設ではこれらがきっかけで会話が生まれ、コミュニケーション効果も期待できます。

歌を唄うことや楽器の演奏による効果

大勢での合唱や演奏は一体感や幸福感を得ることにつながります。

同時に心肺機能の向上、手足の動きを付けることで身体機能の向上が期待できます。

もし、発表会などの機会があれば目標をもって練習することでより楽しみも大きくなります。


特に大勢で歌ったり演奏したりする場合は、コミュニケーションや達成感などが大きく感じられるので季節のイベントなどには積極的に組み込んでください。

ではクリスマスに向いた歌と高齢者に受ける歌を紹介していきましょう。

クリスマスに高齢者施設で歌う歌



◆定番のクリスマスソング

クリスマスソングは季節感があって昔から馴染みのあるものを中心に選びます。

静かな曲は合唱したり、簡単な演奏をしたりするのに向いています。

テンポの速い曲はゲームのBGMにしたり場を盛り上げるときに使いましょう。

・きよしこの夜



広く知られた曲なので知らない人はいないでしょう。

食事の時間に流してもよい落ち着いた曲です。

・赤鼻のトナカイ



レクリエーションやゲームのBGMに向いているテンポの曲です。

鈴やタンバリン、カスタネットでリズムに合わせて演奏するにも向いています。

・ジングルベル



代表的なクリスマスソングで唄うにはテンポが速すぎるかもしれませんが、伴奏したりBGMには良いでしょう。

雰囲気づくりにも良い曲です。

◆冬の定番曲

・たき火



クリスマスとは関係が薄いですが、高齢者の方々は子供のころ、たき火で焼き芋を焼いたり色々と思いでよみがえる曲です。

昔を懐かしむときには皆で歌ってみましょう。


◆高齢者に好まれている曲

クリスマスという季節に関係なく、利用者の方が好きな曲を一緒に歌ったりすることもあります。

好きな曲を唄うことでモチベーションも上がります。

・きよしのズンドコ節(氷川きよし)

・川の流れのように(美空ひばり)

・人生いろいろ(島倉千代子)

・涙そうそう(夏川りみ)

・上を向いて歩こう(坂本九)


歌謡曲は演歌中心です。

人気の歌手や大御所、アンケートをとって人気の曲を選んで練習するのもありでしょう。

季節の曲を練習するよりもずっと生き生きとした表情を見せてくれます。


高齢者の方のクリスマスイベントには歌を聴く、歌う、思い出す、という要素を組み合わせて楽しく一日を過ごしてください。

合わせて読みたい記事
介護施設でのクリスマス会の出し物 楽しんでもらえるものとは?
デイサービス クリスマス会の挨拶はこうする
クリスマス会の出し物 老人ホームやデイサービスにお勧めなもの

スポンサードリンク

nice!(2)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:地域

ビジネス文書で使う時候の挨拶 10月中旬の場合と形式

10月は秋の気配が色濃くなる季節です。

ビジネス文書でも時候の挨拶をキチンと書けると一目置かれるかもしれませんね。

今回は会社でよく使われる文書の定型と10月の時候の挨拶を紹介します。

定型のもの以外にも10月は通常の業務上の取引以外にもお付き合いのある部署の方からお土産を貰った際のお礼状を書いたりすることもあるかもしれません。

社外で業務取引として使われる文書の定型も合わせて紹介しますのでそちらも参考にしてください。

ビジネス文書の種類



ビジネス文書には社内用の文書と社外用の文書があります。

どちらも定型があってそれに沿って書けば特に問題はないのですが、時期によって変えるのが時候の挨拶です。

まず初めに文書の種類をおさらいしておきましょう。

◆文書の種類

・取引および業務用の文書:通知状、案内状、紹介状、照会状、請求状、回答状、抗議状

・社交、儀礼の文書:挨拶状、悔み状、見舞状

いずれも社外に出す文書です。

この中で時候の挨拶をよく使うのが、通知状、案内状、紹介状、回答状、挨拶状、見舞状です。

通常は言い回しも改まった形式のものが普通です。

会社間の部署同士で親しい間柄のやり取りにはくだけた言い回しを使うことがありますが、丁寧な言い回しのものが常識と思ってください。

◆会社間のビジネス文書の定型

参考までに一般的なビジネス文書の例を挙げてみましょう。

例文


株式会社○○○○

○○部長   ○○○○様


      ○○〇株式会社

       ○○課長 △△△△   印


拝啓 貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

 平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。


さて、…
(つきましては、…)
(まずは、…)



                    敬具


                       

1、

2、

3、

添付書類





                             以上

                               担当○○○○




このような感じになります。

時候の挨拶を入れる部分は「拝啓」以下の部分です。

親しい間柄の文書や贈り物のお礼状の文書には結びとして安否を気遣う言葉や文を入れることもあります。

では10月に使う季語と時候の挨拶の例文を見ていきましょう。

10月の時候の挨拶



ビジネス文書なので基本的に改まった言い回しを使います。

季語/季節を表す言葉+候/みぎり+相手の安否を気遣う言葉

の形を使います。

通常はその時期にあった季語を使います。

では10月の季語を見ていきます。

◆10月の季語の基準

10月には二十四節気の寒露霜降があります。

寒露:今の10月8日ごろのこと。

霜降:今の10月23日ごろ。寒露から数えて15日目のこと

どちらもその年によって違います。

分け方としては寒露までを上旬、寒露から霜降までを中旬、それ以降を下旬と考えるとよいでしょう。

◆10月上旬の季語

仲秋、寒露、清秋など

例文としては

仲秋の候、仲秋のみぎり、

のように使います。

◆10月中旬の季語

紅葉、爽秋、秋冷など

例文としては

爽秋の候、紅葉の候

のように使います。

◆10月下旬の季語

霜降、錦秋、夜長、秋雨、秋麗など

例文

霜降のみぎり、錦秋の候、

など。

これらに安否を気遣う言葉を合わせると、


拝啓 霜降のみぎり 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、社員一同心より御礼申し上げます。

さて、このたび~



となります。

「ご清栄」という言葉は安否を気遣う言葉です。


また、社外に出す文書でも部署や会社そのものに宛てたものと個人あてでは、安否の表現が少し変わります。

通常はビジネス文書の例に従って上の形式をとります。

個人あては特に親しいお付き合いの方がいて、個人的なやり取りの場合のみと思ってください。

10月中旬の例で比べてみましょう。

・ビジネス文書

寒露の候 貴社におかれましてはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・個人あての文書

寒露を過ぎ秋も深まってまいりました。お変わりなくお過ごしでしょうか。

◆親しい間柄の表現

親しい間柄では

季節を感じさせる言葉/単語+相手の安否を気遣う言葉

を使うことも多いです。

友人同士に近い間柄ならこの表現もありでしょう。


収穫の秋、貴社ご多忙のことと存じます。

小春日和の毎日が続いております。

朝夕はめっきり冷え込んできておりますが、お変わりございませんか。


では個人に宛てたものの結びの表現もいくつか例を挙げておきましょう。

◆10月の結びの例文

秋の夜長、近いうちにお会いできますのを心待ちにしております。

朝夕の冷え込みが厳しくなってまいりますので、お体にはくれぐれもお気を付けください。

秋冷日ごとにつのる季節、どうぞお健やかにお楽しみください。

気温の変化の大きな季節ですからお体くれぐれもご自愛ください。


親しい間柄の文書では結びにも季節を感じさせる言葉と相手を気遣う言葉を入れるとよいでしょう。

ビジネスで使う敬語表現



最後にビジネス文書で使用する言葉の注意点に触れておきましょう。

基本的な単語の書き方ですから間違うことのないようにします。

◆親族、家族

相手の家族:ご親族様、ご家族様、ご一族様、ご一統様

自分の家族:親族、一家、一族、一統、家中

◆会社

相手の会社:貴社、御社

自分の会社:当社、弊社、小社

◆上司

相手の上司:ご上司、ご上役、貴社長、貴部署、貴課長

自分の上司:上司、社長、部長、課長

◆贈り物

相手からの贈り物:ご配慮、ご高配、ご厚志、ご芳志、お心づくしの品、けっこうなお品、佳品

自分からの贈り物:粗品、心ばかりの品、ささやかな品、寸志

◆手紙

相手からの手紙:お手紙、お便り、ご書面、ご書簡、ご書状、貴書

自分からの手紙:手紙、書面、書状、書中、寸書


ビジネス文書では決まった形式が使われることが多いですが、そこに色取りを添えるのが時候の挨拶です。

正式な取引のときも、親しい間柄のやり取りも先方に失礼のないように注意してください。

このブログの記事

季節の挨拶 10月にビジネスや個人宛ての手紙に使う表現

も参考に10月にふさわしい文書を作ってください。

合わせて読みたい記事
手紙での時候の挨拶 11月下旬までの場合
10月の時候の挨拶 お礼状を書く時の例文
時候の挨拶 11月に出すお礼状の例文

スポンサードリンク

nice!(2)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:仕事
-  |  次の2件 »
Copyright © メインデスクのよろずお役立ちれぽーと All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
クレジットカードを作成する際の本人確認